団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

飲みニケーションはいらない?

 コロナ禍で長い間様子をみていた、旧職場の仲間との飲み会を12月に実施することになりました。

 

 久しぶりの集まりに気持ちがウキウキする気分になっています。

 

 そんな矢先に、飲みニケーションは不要と思っている人が6割に達したという調査結果を目にしました。

 

 日本生命保険が2017年から毎年調査をしていますが、昨年までは「飲みニケーションは必要」と考える人の方が上回っていたのですが、今年逆転したのです。

 

 長期のコロナ禍のなかで、リモートワークなど働き方も大きく変化し、お酒に頼らない親睦の在り方を模索する人が増えているのではと見ているようです。

f:id:dslownin:20201204091733j:plain

   Josch13さんによるpixabayからの画像

 

 内訳は「不要」が37%、「どちらかといえば不要」が25%で、不要と考える理由は「気を使う」が37%、「仕事の延長と感じる」が30%です。

 

 非接触型の生活様式が求められる中、働く人達の意識も大きく変わりつつあるのかもしれません。

 

 忘年会シーズンを前にして、客足の増加を期待する各飲食店が聞いたら、店主の表情が曇るようなニュースではあります。

 

 一方でリモートワークが定着したかに見える働き方は、再び出社して働く方向に傾いているようです。

 

 経営者や管理職からすると、やはり直接働く様子を見ながらのマネジメントの方がしっくりくるようです。

 

 日本企業の人事評価は、様々な評価項目をできるだけ数値化するという流れが定着してきたとはいえ、働く様子をみながらの定性的な要素がまだまだ残っているような気がします。

 

 そして管理職者の中には、就業後に部下を誘い、飲みニケーションを通じて、部下との気持ちの距離を近づけようというスタイルをとっている人もまだまだいると思われます。

 

 今年の各職場の忘年会は、“飲みニケーション要論”をめぐって、古い意識と新しい意識の間で議論が盛り上がるのかもしれません😊。

 

 

地域の人達の心配りに感謝

 父の入院の一報を受けて週末に様子を見に行ってきました。

 

 右手の指を木の伐採をしている時にケガをしてしまったようなのです。

 

“指の怪我”と聞いて最初は大したことないのかなと思っていました。

 

 最初は本人も、そう思っていたようです。

 

 痛みがひどくなってきたので、かかりつけの医者に診てもらいに行ったところ、医者から「すぐに入院しなさい」と言われたそうです。

 

 突然の入院指示に本人も驚いたようなのですが、傷口から質の悪い菌が侵入して、指だけでなく手全体が腫れてしまっていたのです。

 

 父親本人も、医者の厳しい表情をみて、これは大変なことになったと思ったそうです。

 

 足の悪い母を一人家におけないことは、かかりつけ医だけあって事情が分かっているようで、母もリハビリを兼ねて一緒に入院させなさいとの配慮をしてくれ、父母一緒に個室をあてがわれました。

 

 機転をきかせた病院側の配慮には感謝でした。

f:id:dslownin:20201128063124j:plain

     Kieu Truongさんによるpixabayからの画像

 

 入院後10日が経ちますが、腫れは一向にひく気配がありません。

 

 車で実家に到着し、中に入るとあちこちに段ボール箱が乱雑に散らかっていました、突然の入院で本人も慌てて入院の用意をしたようです。

 

 今だにコロナの影響で面会が出来ませんので、携帯で私が実家にいることを伝えました。

 

 すると当面の下着の着替えしか持ってきてないので、着替えの下着と身の回りの細々したものを届けてほしいとのことです。

 

 下着類は父の部屋、母の部屋めいめいに置いてあります。

 

 妻が母の部屋、私が父の部屋と手分けして衣類をピックアップし、簡易バッグに詰め込みました。

 

 病院に駆けつけ、受付の人に本人達に渡してほしい旨伝えて、外に出て病室を眺めると、父母ふたりで病室から手を振っているのを見つけました。

 

 コロナ感染も落ち着きつつありますが、今だに面会できないのは切ないものです…。

 

 病院を後にし実家に戻ると、今度は当面やっておかねばならないことをチェックします。

 

 入院直後に、母のデイサービス関係は、ケアマネジャーに連絡をしてあり、サービスの一時停止をお願いしてあります。

 

 そして新聞配達の停止、生協の注文のキャンセルなども手を打ってあります。

 

 父は几帳面に毎月のスケジュールを一覧にし、居間の壁に貼っています。

 

 明日の欄を見ると、「お風呂掃除当番」の日になっていました。

 

 各地区ごとに共同浴場があり、毎日当番の家が風呂掃除をするルールになっているのです。

 

 慌てて今日の掃除当番のお宅に電話をしました。

 

 すると「お父さんが入院したのを聞きましたので、次の当番の○○さんに連絡しておきましたよ」との返事です。

 

 それを聞いてホッとすると同時に、隣近所の人達の心配りに只々感謝するのみでした。

 

 

エンデミックへの移行でコロナ感染は新たな局面に

 エンデミックという聞きなれない言葉を耳にしました。

 

 パンデミック(世界的大流行)ではなく、エンデミックとは一定地域で普段から継続的に発生する状態を言うのだそうです。

 

 バイデン政権の首席医療顧問を務めるNIAID(アメリカ国立アレルギー感染症研究所)のファウチ所長は、国内における新型コロナウイルスの感染状況について言及し、ワクチン接種率が上昇することで新型コロナウイルスの症例は減少を続け、アメリカは来年にもパンデミック(世界的大流行)からエンデミック(特定地域で継続的に発生する状態)に移行するとの見解を示しました。

f:id:dslownin:20210602092316j:plain

   Dim Houさんによるpixabayからの画像

 

 現在、英国やドイツ、韓国などではコロナウィルスの感染拡大が起こっていますが、日本は不気味な小康状態を続けています。

 

 この冬にはインフルエンザの流行が心配されていますが、コロナウィルスの感染も再び増えてくるのでしょうか。

 

 マスクを外しての飲食や会話が増えていけば、感染は再び懸念される数字になっていくのかも知れません。

 

 海外では、感染拡大が起こっていてもマスクなしの生活が定着している国もあるようです。

 

「少しくらい感染が拡大したとしても、気にしない」という認識のようです。

 

 そのくらいの意識でないと、経済との両立は成り立たないのかもしれません。

 

 マスク生活がすっかり定着したかのような日本においては、マスクをすぐ外すことには抵抗がある人が多いようです。

 

 私は今「コロナが落ち着いたら集まろう」といっていた7人のメンバーの集まりを、どうしようかと決めかねています。

 

 5人以上の飲食は控えるようにとの言葉が、今もいきているのではないかと思ってしまうからです。

 

 私より若い現役のメンバーに感染させてしまったら大変、という気持ちもあります。

 

 エンデミックの局面に入ると、インフルエンザの流行と同じような感覚でコロナウィルスに臨むといった、“コロナウィルスとの共存”の生活を続けていかなければならないといいます。

 

 それであれば、そろそろメンバーとも相談して、会合の日取りを考えようかと思っています。

 

 

水道管から水が漏れています(その2)

 シンクの下の水道管の水漏れは、日を追うごとに酷くなってきました。

 

 妻が朝食の支度をする間に、バケツ半分ほど水がもれて溜まってしまいます。

 

 今日の午後に水道管の交換に来てもらえることは、ギリギリセーフ!本当に助かります。

 

 来てくれる前の昼食は、なるべく水を使わないようお弁当を買ってきて済ませることにしました。

 

 14時過ぎに来てくれて、まずは食洗器の交換作業から取り掛かってくれます。

f:id:dslownin:20210526121510j:plain

   Simon Kadulaさんによるpixabayからの画像

 

 私は用事があって外出してしまったのですが、16時半ころ全ての作業が終了したようです。

 

 妻の話では、水道管の設置が一番大変だったようで、狭いシンク下のスペースに仰向けに潜り込んで、悪戦苦闘の作業だったようです。

 

 水回りの不具合は、突然襲ってくるので、パニックになって、ポストに投げ込まれている水回りトラブル業者などに連絡してしまいがちですが、不具合の状況次第では、そんな大変な作業になることで、高額な修繕費用を請求されるケースが多いといいます。

 

 今回の我が家の場合は、妻が早とちりして、食洗器が壊れたと思い込み、食洗器の交換とセットで水道管交換をしてもらいましたので、食洗器の出費は痛いのですが、水道管修理交換は安い費用で済みました。

 

 長く住んでいると、これからも水回りの不具合は起きることでしょうから、慌てず安易に業者に頼らずに、水道局の選定業者のなかから選び、見積りをきちんととって、納得のいく手順を踏む必要があります。

 

 一般的に、見積り書の明細に必要な部品や必要な作業が記されていることが必要で、明細部分が「~一式」などと省かれている業者は、要注意だと疑う必要があります。

 

 そして今後想定される水回りの不具合を予想して、普段からよく調べておく必要があることも、今回痛感した次第です。

 

 

水道管から水が洩れています

 10日ほど前からシンクの下の蛇口に直結している管から水が漏れだしました。

 

 最初は気付かず、少しずつシンク下が濡れているのを妻が発見したのです。

 

 シンク下の食器入れ棚を外して中を覗き込むと、管が確かに湿っています。

 

 我が家は、ビルトイン食洗器を使っているのですが、利用し始めてもう14年にもなります。

 

 これまでにも何度か調子が悪くなっては、メーカーの技術者に来てもらい修理して使っていました。

 

 前回は昨年修理してもらったのですが、技術者から「今回は部品があったので、修理できましたが、今度不具合が生じたら買い替え時ですね」と宣告されていたのです。

 

 妻はそのことを常に気に留めていましたから、すぐに食洗器が壊れたと思い込んでしまったようです。。

 

 しかしよくみると蛇口に直結している管のようですから、まずは水道屋さんに相談するのが先です。

 

 水のトラブルの修理をめぐっては、法外な修理費を請求されるニュースをよく耳にしていましたから、相談する業者を決めるのは慎重を要します。

 

 水道局が推薦する業者をネットで調べてみると、近くに複数の水道局推薦業者があることが分かりました。

 

 生憎その日は日曜日でしたので、休みの業者が多かったのですが、年中無休となっている業者も2件ありました。

 

 すぐに相談の電話をすべきか躊躇っているうちに、妻と娘は予定していた買い物にさっさと出かけてしまいました。

 

 妻はこの機会に食洗機を買い替えることを決意していたようで、買い物のついでに馴染みの家電量販店に立ち寄ったところ、丁度リフォームフェアを開催しているとのことで、相談したところ、見積りついでに担当者が見に来てくれることになったと連絡が入ります。

 

 そこで業者への連絡は後回しにして、まずは食洗機見積もりを兼ねた家電量販店の担当者に見てもらうことにしました。

f:id:dslownin:20211114092521j:plain

 

 後日、二人で家電量販店の担当者が来てくれました。

 

 確かに水道部分の排水管にヒビが入り水が漏れているのですが、その箇所は特定できないので、全部交換が必要とのこと、しかも管だけでなく蛇口と連結しているので、蛇口部分も交換が必要なようです。

 

 その日の夕方、家電量販店に出向き、我が家のキッチンに合った製品を選び、工事を依頼しました。

 

 大きな出費が発生し、我が家の家計はますますピンチに陥りますが、仕方がありません😢

 

 本日午後に設置工事が行われることになっています。

 

 朝から設置前の掃除に大わらわでした。

 

 

医療従事者の“燃え尽き症候群”への対処を急げ

 このところ全国的にコロナ感染者の数が少ないまま推移しています。

 

 医療現場は、いっときの修羅場と化した状態から少し余裕が出てきたのでしょうか。

 

 しかし気になるのは、医療従事者の間で「燃え尽き症候群」の対象者が増えていることです。

f:id:dslownin:20210203102738j:plain

      Bessiさんによるpixabayからの画像

 

看護師の半数が燃え尽き症候群に】

 国内2人目の新型コロナウイルス感染症患者を受け入れ、第一波のピーク時には40人を超える入院治療にあたっていた聖路加国際病院では、職員の「燃え尽き症候群(バーンアウト)」について調査し、その結果を論文として公表しています。

 それによると、救急科や一般内科、呼吸器科、感染症科、集中治療室などの新型コロナ患者と接触していた部門で働いていた医療従事者のうち31.4%の人が、バーンアウトを経験していたそうです。

なかでも多かった職種は看護師で、126人の看護師のうち、46.8%にあたる59人がバーンアウトを経験していました。

 そのほか、バーンアウトは次のような医療従事者に多かったそうです。

・経験年数が浅い

・個人防護具に慣れていないため不安が高い

・以前に比べて睡眠時間が短くなった

・仕事量が多いと感じている

・感謝されていない、リスペクトされていないと感じている

 

【医療従事者へのリスペクトを忘れてはならない】

たしかに経験年数が浅く、個人防護具に不慣れなことからくるプレッシャーやストレスは計り知れないものであったろうと推測されます。

 

 そして、第6波の長期にわたるコロナウィルスとの戦いは、体力的にも限界に近い日々であったろうと思います。

 

 今はどうかわかりませんが、霞が関では予算作成などの時期に、働きづめの官僚たちの中には、精神的にも追い詰められて、庁舎の上階から中庭に身を投げて自殺をはかるケースが毎年のように起きた、という話をきいたことがあります。

 

 同じようなことが、医療現場で起きなければ良いが、と危惧しているところです。

 

 ここに来て、重症患者が減少して医療現場は、しばしの余裕を確保できたかに見えます。

 

 しかし長く張り詰めた環境におかれた医療現場では、ストレスや疲労の蓄積による、体力的・精神的なものからくる「燃え尽き症候群」の症状を訴える医療従事者が増えているという報告もあります。

 

 次の波が襲ってこないうちに、心配される対象者には、カウンセラーやセラピストなどの専門家を投入して、ケアにあたってほしいと思います。

 

 そしてなにより“医療従事者の皆さんへのリスペクト”を皆が持ってほしいものです。

 彼らが「誇りを持って」仕事に打ち込めるように。

 

 

日本の食品・農産物を海外が求めている

 アジア圏への農産物や食品の輸出が好調です。

 

 コロナ禍で訪日旅行ができないことで、人気の日本産食品への需要が一段と高まり、今年の輸出額は過去最高を上回るペースで増えています。

 

 私もかねてから、日本農業が元気になるために、食品・農産物を欲しがっている海外の人達の期待に、どんどん応えていくべきだと思っていましたので、明るい話題でした。

 

 コロナ前には中華圏や東南アジア各国で訪日旅行が人気を集めました。

 

 また旅行者にはリピーターも多かったのですが、渡航制限が長引いていることで、日本に対する「渇望感」が高まっているといわれています。

 

 訪日が叶わない今、自宅で日本の食を楽しみたいという需要が高まっているのです。

f:id:dslownin:20201030101048j:plain

   Ronny Overhateさんによるpixabayからの画像

 

 このような動向をうけて、ジェトロはオンライン商談会に力を入れています。

 

 商品のサンプルを確認したいという現地の声に応え、日本からの通関手続きを代行したり、通訳を用意したりするなど、販路拡大を支援しているのです。

 

 日本酒や焼酎などを輸出する「中和国際」(大分市)の先山武志氏は「かつてはバイヤーを日本側に呼んだり、こちらが現地に渡航したりする必要がありました。オンライン商談会でコストや節約ができています」語っています。

 

 ただ福島の原発事故以降、日本の農水産物の輸入停止措置を続けている国があるほか、加工食品に使われる添加物などの規制も国によって異なるという現実もあります。

 

 輸入停止の解除に向けた各国政府との粘り強い交渉や、規制に合わせた商品開発など、地道な努力も求められるでしょう。

 

 和食がユネスコ世界無形文化遺産に登録されて以来、世界的に和食への関心が高まり、訪日を機に日本の食文化を体験した人々が増えた今、日本の食品・農産物の需要は確実に高まっています。

 

 このチャンスを民間任せにせず、国をあげて売り込みを加速して、日本の農業を元気づけて欲しいものです。