団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

エアロゾル感染の怖さとマスクの効果

 いよいよ緊急事態宣言が発表されます。


 首都圏での感染防止にむけての対策が本格的に実施されますが、この宣言による自治体の緊急事態措置により、ニューヨークのような感染爆発をどこまで防げるのか注目されます。

 

 以前に中国が、今回の新型コロナウィルスが「エアロゾル感染」の可能性があると発表していました。

 

 そしてニューヨークの爆発的感染拡大を目の当たりにして、アメリカ政府もエアロゾル感染の可能性を認めざるを得なくなったとの報道を耳にしました。

 

 エアロゾルとは、「気体中に浮遊する微小な液体または、固体の粒子」のことです。

 

 大きさでいえば、直径が0.001μmから100μmの粒子、ということのようです。

 

 エアロゾル感染は、従来言われている「接触感染」や「飛沫感染」だけでなく、ごく普通の会話をしただけでも感染するようです。

 

 エアロゾル感染については、2月8日の中国の発表に対して、日本では、2月10日に厚生労働省結核感染症課が「日本国内で分かっているデータを分析しても、空気感染したと証明できるに足る証拠は見つかっていない。」という見解を示していました。

 

 最近になって4月3日のNature Medicineに「飛沫やエアロゾルでのウィルス検出とマスクの効果」という論文が掲載されました。

 

 それに対して山中伸弥教授は、ご自身の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」において


「実際の患者の協力で、マスクの効果を科学的に解析した貴重な研究。
患者の飛沫やエアロゾル内のウイルスが検出され、飛沫感染やエアロゾル感染の可能性が指示された。


 一方で、患者の2/3では飛沫やエアロゾルでウイルスが検出されず、他人への感染性は患者により異なる可能性が示唆される。


 コロナウイルス感染者では、マスクにより飛沫やエアロゾルへのウイルス排出が抑制できることが示唆された。


 本研究は普通感冒の原因のコロナウイルスが対象であるが、新型コロナウイルスにおいても、マスクの同様の効果が期待できる可能性がある。」
 とのコメントをされています。


 感染爆発を最前線で経験している米国の何人もの日本人医療関係者が、ニューヨークで起きていることが、東京で起こる可能性が高いと警告しています。

 

 いま都内では屋外を往来している人、電車で移動している人はほとんどの人がマスクをつけています。

 

 元来、マスクをする習慣のない欧米人に比べると、日本人は冬場や花粉が飛ぶ時期にはマスクをしての外出は一定の割合で根付いていました。

 

 この違いで、数週間後に感染爆発をある程度回避できていると良いのですが……。

 

 

 

 

 

3週間後の東京はどうなっている?

 [同じ帰国者なのに欧米帰還者の惨状】

 武漢に端を発したコロナウィルスの蔓延ですが、武漢から在留邦人を日本に戻すときには、チャーター機を何度も飛ばして、無料で提供された宿で二週間、経過観察をするという措置がとられたのは記憶に新しいところです。

 

 しかしながら、最近欧米各国から留学などで戻ってきた若者達は、戻って来たものの、羽田や成田で手続きで延々と待たされた挙げ句に、公共交通機関を使わずに、自宅に戻るか、そうでなければ自分で宿を確保して、自費で二週間経過を見なければならないと要請されています。

 

 昔、私の娘が留学を終え帰国した時には、ほとんど無一文状態で帰ってきたことを思い出しました。

 

 お金もなく放り出されたある若者は、「まるでばい菌扱いです」と途方にくれる状態で、やっと親に手配してもらったホテルに、公共交通機関は使えないと、1時間ほど歩いてやっとたどり着いたといいます。

【症状が軽く済むといわれた若者層に重症化するケースも】

国内の感染者は、6割が40代以上で、30代までの若者層が4割といわれています。

しかしここにきて感染者の年齢分布をみると、若い層の割合が増えてきているような気がします。

これまでは若い人たちは重症化しないといわれていたのですが、ここにきて若い人が重症化するケースが報告されています。

今月、イギリスで持病がなかった21歳の女性、フランスでも16歳の少女の死亡が伝えられています。

国内でも比較的若い世代で重症化するケースがでてきているといいます。

ある感染の専門家は「ひょっとすると、ウィルスが変異している可能性も…」と不気味な推測をしています。

【東京都医師会会長のFACEBOOKが話題に】

 東京都医師会会長・尾崎治夫さんのFACEBOOKへの投稿が、3万件以上もシェアされるほど大きな反響を集めています。

 

「・・・平和ですね。でもこうした平和が、あと2,3週間で崩壊するかもしれません」

 

「ここ数日の東京都の感染者の増加は尋常ではありません。心配です。新型コロナ感染は、多くの皆さんの想像を超えた広がりを示しています。医療提供体制の再構築も急務になっていて、そこは、我々の義務ですので、いま頑張っています」

 

「いろいろな自粛活動で、経済がダメになるじゃないか。もう、家にいるのも飽きてしまった…。よくわかります。でも今の状態を放っておいて、イタリアのようになったら、経済はもっとひどくなるのではないでしょうか。

皆さんの生活ももっと大変な状態になるのでは…。感染者の数が急増し始めた、今が踏ん張りどころなのです。」

 

「若くて元気な方、もう飽きちゃった。どこでも行っちゃうぞ…。もう少し我慢してください。これから少なくても3週間、生きていることだけでも幸せと思い、欧米みたいになったら大変だと思い、密集、密閉、密接のところには絶対行かない様、約束してください お願いします。私たちも、患者さんを救うために頑張ります。」

 

3週間後の東京はどうなっているのでしょうか😢

 

 

 

 

 

 

年寄りVS若者の戦い?

 20代の若者がマスクを付けずに電車にのっていたら、高齢のおばあちゃんが近づいてきて、若者の方をトントンと叩きました。

 

そしてこう言われたそうです。

 

「あんたみたいな人がいるから、コロナが蔓延してしまうんだよ!」

 

 ますます感染拡大を続けている新型コロナウィルスですが、高齢の特に健康に不安を抱えている人たちにとっては、無症状の若者が感染を拡大させているのではないかという脅威が高まっているようです。

 

 少し頑固そうなおじいさんは、「若い人達は、ふらふら出歩かないで家にいろ!」などとも言っています。

 

 非常事態宣言を出して、警察が町を巡回して、外出を厳しく取り締まらない限り、若者を家に縛り付けておくのは無理な気がします。

 

 また若い人達は、万一新型コロナウィルスに伝染したとしても、自分が死ぬことはないと思っていますから、余計に厄介です。

 

 そんな矢先、70歳の「志村けん」さんがコロナに感染して死亡という訃報が入ってきました。

 

 有名人だけに衝撃は大きなものがあります。

 

 若者も少なからず大変なことが起きていると感じたことでしょう。

 

そして、ますます高齢者は身構えることでしょう。

 

 昨日、電車に乗ろうとオフィスを出て、連絡通路につながる商業ビルの出入り口の押しボタン式ドアに近づくと、向こう側に一人の老人が立っています。

 

 どうやら私がボタンを押すのを待っているようです。

 

 こんなときのために、私は季節外れの手袋を持ち歩いていて、それで押すことにしています。

 

 私がボタンを押すと、その高齢の方は「待ってました」とばかりにドアを抜けていきました😊。

 

 欧米各国の状況をみても、日本でも今後、感染者が増えていくと考えざるを得ません。

 

 英国ではSocial Distance(社会的距離)という指導をしているようです。

 

 外に出たら、他の人との間隔を2m開けなさいということです。

 

 ただ通勤ラッシュ時などは、その間隔を開けることはできませんから、それこそ一定期間、経済活動をストップさせて、通勤をやめさせるような思い切った措置も必要になってくるのでしょうか😢

 

 

 

免疫力とストレスの関係

 外は久々に雪が降り募っています。

 

 外出自粛の大号令のなか、家で過ごしていますが、書類や諸々の片付け物を整理していると、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

 昨夜は十分な睡眠がとれたせいか、体調は良好なので、整理もはかどりました。

 

 コロナウィルスへの対策で「免疫力の大切さ」がいわれていますが、私は以前から生命維持をはかる上で、免疫力は最も重要なファクターだと思っていました。

 

 免疫力を保つ上で、バランスのよい食事と十分な睡眠は勿論なのですが、「ストレスをためない」ということが、最も気を付ける点なのです。

 

 若い頃に二度ほど入院をともなう病を患ったことがあるのですが、振り返ってみると何れも仕事の重圧を強く感じていたことが、病の引き金だったと思っています。

 

 一線を退いた今、当時のような強いストレスを感じることはなくなりました。

 

 せいぜい家の中で、妻とのやりとりでストレスを感じる程度で、これは他愛のない軽いストレスです😊。

 

 ストレスの全くない生活はありえないとしても、もはやこの年になると頑張らなければならないことなどは、ほとんどなくなりました。

 

 頑張ろうとするときには、一定のストレスがよい作用をもたらすのですが、無理をすることで、ストレスがたまることになってしまいます。

 

 年を重ねるにつれ、その日の体調と相談しながら、なるべく自然体で時を過ごすことを楽しめるようになった気がします。

 

 ただ私は脈拍数が多いことを医者に指摘されていて、一生分の脈拍数は決まっているようですから、とても百歳まで生きられるとは思っていません。

 

 残された人生の時間を、ストレスを感じずに免疫力を保った生活を味わっていきたいものだと思っています。

 

 免疫力に守られて、普通の一日を過ごせたことを有難く思い、残された日々を送って生きたいものだな、などと外出自粛の一日を静かに過ごしております。

 

 免疫力を保って、先ずは何とかコロナウィルスを鎮静化させましょう!

 

 

 

 

 

「自宅で仕事をしろ」といわれても

【首都圏自治体が足並みをそろえて外出自粛要請】

 東京都内の新型コロナ・ウィルスの感染者急増を受けて、小池知事が今週末の不要不急の外出自粛を都民に要請しました。

 

具体的には4つのお願いとして、


① 屋内屋外問わずイベント参加は控える
② 平日はできるだけ自宅で仕事を行う
③ 週末は急ぎではない外出を控える
④ 夜間外出は控える


を挙げました。

 

 まだ都市封鎖(ロックダウン)にはいかないまでも、今までにない危機感を感じさせます。

 

 昨日電車に乗った時に、周りの乗客の様子をそれとなく観察したのですが、心なしか不安そうな表情を浮かべているマスク姿の人たちが目立ちました。

 

 オリンピックの開催延期決定を受けて、国も東京都も新型コロナ・ウィルスの感染拡大にいよいよ本腰を入れ出したな……、という印象を受けます。

 

【できるだけ自宅で仕事?】

 小池知事の4つのお願いの中に「平日はできるだけ自宅で仕事を行う」というのがありますが、このお願いには少し違和感を覚えてしまいます。

 

 自宅で仕事をすることが可能な人がいったいどれだけいるのだろうかと疑問を感じてしまいます。

 

 最近「テレワーク」という言葉が飛び交うようになりましたが、私がこの言葉に初めて出会ったのは、かれこれ二十数年前だったと記憶しています。

 

 当時、ホワイトカラーの生産性向上という課題がとりあげられ、それを議論する中で「テレワーク」という手段が注目されたのです。

 

 その後、なかなか一気に普及するまでには至らず月日は過ぎました。

 

 2018年の総務省の通信利用動向調査によれば、国内企業のテレワーク導入率は13.9%となっており、はじめて調査が実施された2012年の11.5%から、ゆるやかではありますが、上昇傾向にあるようです。

 

 とはいえ、この数字をみても「自宅で仕事」を選択できる人の割合は高いとはいえません。

 

 勿論、業種や職種によって制約はありますが、今回のコロナ・ウイルス騒動を教訓として、工夫を重ね、テレワークをもっと普及させる機会にしてほしいものです。

 

 加えて長期の学級閉鎖などにも備えて、ネット教育の普及にも力を入れるべきと思います。

 

リセットボディ 体にやさしい鯛&松茸雑炊 5食入

リセットボディ 体にやさしい鯛&松茸雑炊 5食入

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

 

「手書きの手紙」の良さを見直しています

【面会謝絶で様子を見に行けない】

 義母が施設に入って1ヶ月が過ぎました。

 

 インフルエンザ対策に加えて、コロナウイルス問題もあり、当面面会は出来ない状態が続いています。

 

 妻は母親が施設にうまく馴染んでいるかと気を揉んでいます。

 

 その間に、見学にいってお世話になったいくつかの施設の方にお礼状を手紙に認めていました。

 

 その時に「あ、そうか手紙を書けばいいんだ!」と思いが至ったようです。

 

 人に連絡するのに全てSNSに頼りきっていた彼女が、お礼状を書いていて閃いたようです。

 

【手紙を書くという文化】

 最近は手紙を書く機会がめっきり減りました。

 

 年に一度の年賀状の文面を考えるくらいがせいぜいで、本格的な手紙を認める機会などは、めったにありません。

 

 しかし日本には手紙を送るという文化があることが、最近では見直されているといいます。

 

 手紙を手書きで書くには時間がかかります。

 

 妻がお礼状を書く様子を見ていても、内容を考え、紙と筆記用具を用意し、書くという作業が必要になります。

 

 送る相手のことを考えながら、文面を吟味しなければなりませんので、妻も四苦八苦しています。

 

 文面案を少し考えるたびに、「これでいいか」と私に聞いてきます。

 

 手紙からメール、そしてSNSと進化するにつれて、言葉の表現方法がより会話表現に近くなってきました。

 

 会話表現にどっぷり浸かった日常をおくっていると、たまに手紙を書くというのは、ことのほか大変なようです。

 

 手紙を書く時には、時候の挨拶や謙譲語、丁寧語などの使い分けが求められます。

 

 そしてどのような文章で自分の気持ちを伝えるかという文面には、ことのほかエネルギーを費やさなければなりません。

 

 しかし手書きの手紙は、もらった相手に予想以上に喜ばれるといいます。

 

 デジタル化が進んだ現在、時にはアナログとしての「手書きの手紙」を見直すことも大事なことかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

呪われたオリンピック発言が今後の日本を暗くする

 3月18日の参議院の財政金融委員会で、麻生財務大臣は「1940年に札幌で冬期五輪が開かれる予定がパーになった。

 その次に1980年のモスクワオリンピックは、日本を含め多くの先進資本主義国が参加をボイコットした歴史がある。

 

 そして40年後の今年、新型コロナウィルス問題で開催が危ぶまれている。

 

 呪われたオリンピックって、マスコミの好きそうな言葉でしょう。40年ごとに問題が起きたんだから、事実でしょうが」と発言しました。

 

 開催にむけて準備を進める関係者の気持ちに配慮を欠く「不適切な発言」と批判を呼ぶことになるでしょう。

 

 これまでも度々不適切な発言を繰り返している麻生さんですが、うちの妻などは以前から、この麻生さんの発言内容や態度をみていて、嫌悪感を露にしています😊。

 

 しかしヨーロッパを中心に、感染拡大が続いている現状では、東京オリンピックの今年度開催が危ぶまれる懸念は高まる一方になりつつあります。

 

 予定通りに開催しようとしているIOCの姿勢に対して、海外の出場予定選手やオリンピック関係者から、中止や延期を求める声が強まっているのです。

 

 実施か中止か延期を決めるのは、もはや世界中の声かもしれません。

 

すでに日本国内の経済活動は、少なからぬダメージを受けていますが、オリンピックの中止ともなれば、予想以上の経済的損失が発生するのは必至です。

 

 今回の「呪われたオリンピック発言」は、事実に基づいたウンチクを披露したものかもしれませんが、なんとも後味の悪いいやな印象を与える発言だと思います。

 

 これまでオリンピック開催にむかって機運が盛り上がりつつあった日本経済ですが、新型コロナウィルス騒動の長期化やオリンピックの中止が現実のものとなれば、まさに「呪われた2020年」となる可能性が…。

 

 そうならないことを祈るばかりです😢。

 

 

アイリスオーヤマ キャビネット 小物 深型6段 KC-100R ライトグレー
 

 

 

anthemアンセム ラック4段 ANR-2397BR

anthemアンセム ラック4段 ANR-2397BR

  • メディア: ホーム&キッチン