団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

免疫力とストレスの関係

 外は久々に雪が降り募っています。

 

 外出自粛の大号令のなか、家で過ごしていますが、書類や諸々の片付け物を整理していると、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

 昨夜は十分な睡眠がとれたせいか、体調は良好なので、整理もはかどりました。

 

 コロナウィルスへの対策で「免疫力の大切さ」がいわれていますが、私は以前から生命維持をはかる上で、免疫力は最も重要なファクターだと思っていました。

 

 免疫力を保つ上で、バランスのよい食事と十分な睡眠は勿論なのですが、「ストレスをためない」ということが、最も気を付ける点なのです。

 

 若い頃に二度ほど入院をともなう病を患ったことがあるのですが、振り返ってみると何れも仕事の重圧を強く感じていたことが、病の引き金だったと思っています。

 

 一線を退いた今、当時のような強いストレスを感じることはなくなりました。

 

 せいぜい家の中で、妻とのやりとりでストレスを感じる程度で、これは他愛のない軽いストレスです😊。

 

 ストレスの全くない生活はありえないとしても、もはやこの年になると頑張らなければならないことなどは、ほとんどなくなりました。

 

 頑張ろうとするときには、一定のストレスがよい作用をもたらすのですが、無理をすることで、ストレスがたまることになってしまいます。

 

 年を重ねるにつれ、その日の体調と相談しながら、なるべく自然体で時を過ごすことを楽しめるようになった気がします。

 

 ただ私は脈拍数が多いことを医者に指摘されていて、一生分の脈拍数は決まっているようですから、とても百歳まで生きられるとは思っていません。

 

 残された人生の時間を、ストレスを感じずに免疫力を保った生活を味わっていきたいものだと思っています。

 

 免疫力に守られて、普通の一日を過ごせたことを有難く思い、残された日々を送って生きたいものだな、などと外出自粛の一日を静かに過ごしております。

 

 免疫力を保って、先ずは何とかコロナウィルスを鎮静化させましょう!

 

 

 

 

 

「自宅で仕事をしろ」といわれても

【首都圏自治体が足並みをそろえて外出自粛要請】

 東京都内の新型コロナ・ウィルスの感染者急増を受けて、小池知事が今週末の不要不急の外出自粛を都民に要請しました。

 

具体的には4つのお願いとして、


① 屋内屋外問わずイベント参加は控える
② 平日はできるだけ自宅で仕事を行う
③ 週末は急ぎではない外出を控える
④ 夜間外出は控える


を挙げました。

 

 まだ都市封鎖(ロックダウン)にはいかないまでも、今までにない危機感を感じさせます。

 

 昨日電車に乗った時に、周りの乗客の様子をそれとなく観察したのですが、心なしか不安そうな表情を浮かべているマスク姿の人たちが目立ちました。

 

 オリンピックの開催延期決定を受けて、国も東京都も新型コロナ・ウィルスの感染拡大にいよいよ本腰を入れ出したな……、という印象を受けます。

 

【できるだけ自宅で仕事?】

 小池知事の4つのお願いの中に「平日はできるだけ自宅で仕事を行う」というのがありますが、このお願いには少し違和感を覚えてしまいます。

 

 自宅で仕事をすることが可能な人がいったいどれだけいるのだろうかと疑問を感じてしまいます。

 

 最近「テレワーク」という言葉が飛び交うようになりましたが、私がこの言葉に初めて出会ったのは、かれこれ二十数年前だったと記憶しています。

 

 当時、ホワイトカラーの生産性向上という課題がとりあげられ、それを議論する中で「テレワーク」という手段が注目されたのです。

 

 その後、なかなか一気に普及するまでには至らず月日は過ぎました。

 

 2018年の総務省の通信利用動向調査によれば、国内企業のテレワーク導入率は13.9%となっており、はじめて調査が実施された2012年の11.5%から、ゆるやかではありますが、上昇傾向にあるようです。

 

 とはいえ、この数字をみても「自宅で仕事」を選択できる人の割合は高いとはいえません。

 

 勿論、業種や職種によって制約はありますが、今回のコロナ・ウイルス騒動を教訓として、工夫を重ね、テレワークをもっと普及させる機会にしてほしいものです。

 

 加えて長期の学級閉鎖などにも備えて、ネット教育の普及にも力を入れるべきと思います。

 

リセットボディ 体にやさしい鯛&松茸雑炊 5食入

リセットボディ 体にやさしい鯛&松茸雑炊 5食入

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

 

「手書きの手紙」の良さを見直しています

【面会謝絶で様子を見に行けない】

 義母が施設に入って1ヶ月が過ぎました。

 

 インフルエンザ対策に加えて、コロナウイルス問題もあり、当面面会は出来ない状態が続いています。

 

 妻は母親が施設にうまく馴染んでいるかと気を揉んでいます。

 

 その間に、見学にいってお世話になったいくつかの施設の方にお礼状を手紙に認めていました。

 

 その時に「あ、そうか手紙を書けばいいんだ!」と思いが至ったようです。

 

 人に連絡するのに全てSNSに頼りきっていた彼女が、お礼状を書いていて閃いたようです。

 

【手紙を書くという文化】

 最近は手紙を書く機会がめっきり減りました。

 

 年に一度の年賀状の文面を考えるくらいがせいぜいで、本格的な手紙を認める機会などは、めったにありません。

 

 しかし日本には手紙を送るという文化があることが、最近では見直されているといいます。

 

 手紙を手書きで書くには時間がかかります。

 

 妻がお礼状を書く様子を見ていても、内容を考え、紙と筆記用具を用意し、書くという作業が必要になります。

 

 送る相手のことを考えながら、文面を吟味しなければなりませんので、妻も四苦八苦しています。

 

 文面案を少し考えるたびに、「これでいいか」と私に聞いてきます。

 

 手紙からメール、そしてSNSと進化するにつれて、言葉の表現方法がより会話表現に近くなってきました。

 

 会話表現にどっぷり浸かった日常をおくっていると、たまに手紙を書くというのは、ことのほか大変なようです。

 

 手紙を書く時には、時候の挨拶や謙譲語、丁寧語などの使い分けが求められます。

 

 そしてどのような文章で自分の気持ちを伝えるかという文面には、ことのほかエネルギーを費やさなければなりません。

 

 しかし手書きの手紙は、もらった相手に予想以上に喜ばれるといいます。

 

 デジタル化が進んだ現在、時にはアナログとしての「手書きの手紙」を見直すことも大事なことかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

呪われたオリンピック発言が今後の日本を暗くする

 3月18日の参議院の財政金融委員会で、麻生財務大臣は「1940年に札幌で冬期五輪が開かれる予定がパーになった。

 その次に1980年のモスクワオリンピックは、日本を含め多くの先進資本主義国が参加をボイコットした歴史がある。

 

 そして40年後の今年、新型コロナウィルス問題で開催が危ぶまれている。

 

 呪われたオリンピックって、マスコミの好きそうな言葉でしょう。40年ごとに問題が起きたんだから、事実でしょうが」と発言しました。

 

 開催にむけて準備を進める関係者の気持ちに配慮を欠く「不適切な発言」と批判を呼ぶことになるでしょう。

 

 これまでも度々不適切な発言を繰り返している麻生さんですが、うちの妻などは以前から、この麻生さんの発言内容や態度をみていて、嫌悪感を露にしています😊。

 

 しかしヨーロッパを中心に、感染拡大が続いている現状では、東京オリンピックの今年度開催が危ぶまれる懸念は高まる一方になりつつあります。

 

 予定通りに開催しようとしているIOCの姿勢に対して、海外の出場予定選手やオリンピック関係者から、中止や延期を求める声が強まっているのです。

 

 実施か中止か延期を決めるのは、もはや世界中の声かもしれません。

 

すでに日本国内の経済活動は、少なからぬダメージを受けていますが、オリンピックの中止ともなれば、予想以上の経済的損失が発生するのは必至です。

 

 今回の「呪われたオリンピック発言」は、事実に基づいたウンチクを披露したものかもしれませんが、なんとも後味の悪いいやな印象を与える発言だと思います。

 

 これまでオリンピック開催にむかって機運が盛り上がりつつあった日本経済ですが、新型コロナウィルス騒動の長期化やオリンピックの中止が現実のものとなれば、まさに「呪われた2020年」となる可能性が…。

 

 そうならないことを祈るばかりです😢。

 

 

アイリスオーヤマ キャビネット 小物 深型6段 KC-100R ライトグレー
 

 

 

anthemアンセム ラック4段 ANR-2397BR

anthemアンセム ラック4段 ANR-2397BR

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

 

新型コロナウィルスが個人飲食店に襲いかかっている

【ある飲食店の深刻な状況】

 やはり今回の新型コロナウィルス対策の余波が個人飲食店を直撃しているようです。

 

 都内で小さなバーを経営している方からのツイッターが目に留まりました。

 

 報道では扱ってもらえない、コロナショックの影響による個人飲食店の現状を伝えたいとあります。

 

 以下、そのツイッターの内容をご紹介します。

 

 東京五輪やインバウンドで外国人が増えていることに着目して、昨年11月から店を開き、観光客をターゲットにした店づくりが何とか成功し、少ないながらも利益をだしていたそうです。

 

 しかし新型コロナウィルスの影響で、月150万円ほどだった月の売り上げは激減して、2月は50万円、3月は現時点で20万円ほどに落ち込んでしまっています。

 

 頼みの綱だった知人の貸し切り予約もキャンセルになりました。

 

 バーの開業には物件の取得費だけでなく改装費がかなり大きくかかり、貯蓄は使い果たしてしまったといいます。

 

 売り上げが落ちて誰も来なくても、家賃や仕入れ代は容赦なく請求され、収入はゼロではなくマイナスになっているようです。

 

 オリンピックを契機にきっとたくさんの外国人が来てくれるはず、そんな人たちに日本のお酒を堪能してほしい、そしてそれを通じて自分も日本経済に貢献したい、そんな志を持ってお店を立ち上げたのです。

 

 しかし赤字がこれだけ続くと、生活が成り立たちません。

 

 大手チェーン店のような資本力もなく、身銭を切って近所の人たち向けに広告も出してみました。

 

 友人にも来てもらいました。

 

 SNSでの発信も、割引キャンペーンもやりました。

 

しかしうまくいかなかったそうです。

 

 ダメージの少ないうちに店を畳むことも考えたそうですが、店を閉店するのにも莫大な費用がかかります。

 

 違約金は半年分以上の家賃が必要で、まだ半年も使っていない空調も内装もすべて解体しなければ、解約ができないのだそうです。

 

 閉店するには、1,000万円近い費用がかかり、店を畳むことすらできないのが現状のようです。

 

 どうすることもできず、せめて違約金がゼロになるまで、半年近く営業しなくてはならないといいます。

 

【国の支援策は届くのか】

 このツイッターを投稿された方を含め、国は中小零細企業を救済する方策を検討しているといいますが、このケースをみても無担保・無利子の貸付けといった方策では、うまくいかないだろうと思っています。

 

 借金をしてまで事業を継続させるパワーが残っていない事業所は、いずれ事業をたたむことになるのではないかと危惧しています。

 

 

 

 

 

 

恒例のお花見がついに中止に😢

 10年以上欠かさず開催していたお花見が今年はついに中止になりました。

 

 主催者の友人も今年は、満開日を3月22日と予想し、それが読み通りだっただけに、大変残念がっていました。

 

 開催している友人宅は、桜並木が続く住宅街にあり、5階ですのでベランダ越しに満開の桜が眺められる住まいです。

 

 訪れてしばらくの間は、桜の美しさをしばし堪能します。

 

 しかし、その後は「花より団子」で賑やかに宴会が始まります😊。

 

 毎回新メンバーが加わりますが、コアのメンバーは一緒で、二十人近くになり賑やかに催されています。

 

 人生経験豊富な方、友人の仕事関連でお付き合いのある若い方々、在日外国人の方など、メンバーはバライティーに富んでいますが、何度も参加しているうちに、旧知の中のような関係になっています。

 

 主催者の友人の元職場の同僚だった方が、音楽機材を持ち込んでくれて、宴たけなわになると、自らギターを奏でながら2~3曲歌を披露してくれて、その後他のメンバーも加わります。

 

 その方は、毎年一度リサイタルを開いていて、私も何度か参加したことがあるのですが、今年は先月(2月)に開催予定だった公演がコロナ・ウィルス騒動に巻き込まれ、中止になりました。

 

 アマチュアの音楽家ですから、直前の中止によって会場のキャンセル代等が発生し、痛い出費を余儀なくされたようです。

 

 今回のコロナ・ウィルス騒動は、いろいろな所に思いもかけない影響を及ぼしています。

 

 同じ密閉した空間、近距離でのコミュニケーションなどの「濃密な接触を避ける」ということは、不急不要の集まりのすべてに及びます。

 

 お花見だけでなく、春は別れと新しい出会いの時期になりますから、様々な人間関係に暗い影を落としているようです。

 

 新たなウィルスですから、対処の仕方がよく分からずに、これだけの騒ぎになってしまっているのですが、このウィルスの特徴を掴んで、正しい対処の仕方、治療法の確立を急いでほしいものです。

 

 今回のお花見中止を通じて、人間同士が濃密な接触を避けなければならないという、異常状態から早く脱却してもらいたいものだと身近の出来事を通じて実感しています😢。

 

マスクはどこに行っても手に入りません

 日本のメーカーも中国のメーカーもフル稼働で増産しているはずなのに、マスクはどこにいっても手に入りません。

 

 最近になって中国で製造されたマスクは、中国国内優先で、日本にはほとんど入ってきていないことを知りました。

 

 足りないわけですね……。

【マスク探しを兼ねて旅に出る】

 この週末、妻と一緒に地方に1泊で出かけてきました。

 

 本当は娘も一緒にいくはずだったのですが、コロナ騒動で仕事を休めなくなり、二人で行くことになりました。

 

 特に目的がある旅ではありませんでしたので、のんびりと出発し、サービスエリアや道の駅などを覗きながらの旅です。

 

 加えて妻は、地方に行けばマスクが手に入るのではと考えたようで、ドラッグストアを見つけたら、マスクを置いてあるかチェックしながら行こうと言います。

 

 急遽「マスク探しの旅」ということになりました😊。

 

 高速道路を降りて、宿に着くまでに3件のドラッグストアと2件のコンビニエンスストアを覗いたのですが、どこも在庫切れです。

 

 宿に着いてから、宿のスタッフにマスクの話題をすると、宿でも従業員のマスクの調達に苦労しているようで、仕方がないので手作りのマスクを作り、従業員に配り、フロントの傍らをみると、余分に作った手作りマスクを500円で販売もしていました。

 

【マスクをしないと外出しずらい雰囲気】

 WHOは咳やくしゃみがでない人は、マスクの着用は必要ないといっていますが、今の日本の状況では、咳やくしゃみがでなくてもマスクを着用しないと外に出にくい雰囲気になっています。

 

 私の場合、普段仕事で外出の際には、混雑した時間をなるべく外して出かけているのですが、心なしか以前より電車が空いているような気がします。

 

 乗客のほとんどはマスクを着用しており、着けていない人は、遠慮がちに乗っているように見えます。

 

 マスクを着けた乗客の皆さんはどのようにして、マスクを手に入れているのだろうと感心しながら車内を見回してしまいます。

 

 ドラッグストアなどでは、不定期で少量しか納品されない状態が続いているようで、それを求めて昼の時間帯に客が並んでいると聞きます。

 

 仕事で忙しくて、そのような時間のとれない人達には、いつまでたっても回ってこないのではないかと同情してしまいます。