団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

非正規公務員の待遇改善は実現できるのか

 物価高騰の現状を踏まえ、また日本再生の決めてと位置付け、政府や労使は「賃金の上昇」に向かって機運を盛り上げようとしています。

 

 民間の賃金が上がれば、人事院の勧告を受けて公務員の給与も上昇することでしょう。

 

 しかし以前から問題になっている非正規公務員(いやな言葉ではありますが)にまで、その恩恵は浸透するのでしょうか。

 

 非正規公務員は、自治体の財政難の影響で正規職員が減少傾向にある中、行政に求められる役割の多様化もあって増加してきました。

 

 人件費を抑制したい自治体の思惑もあり、増加の一途を辿っていまや4人に1人が非正規公務員という現状です。

                          Joschさんによるpixabayからの画像

 

 非正規公務員の待遇改善を図るために、2020年には「会計年度任用職員制度」が導入されました。

 

 しかし雇用期間は年度ごとの更新で、「公募なしの再任用は2回まで」とする自治体が多いのが現実です。

 

制度創設から3年目を迎え、今年度末には再任用の上限回数に達した多くの会計年度任用職員が公募選抜試験を受けることになるとみられ、採用されなければ、事実上の「雇い止め」にあう人が続出する恐れが出ているといわれています。

 

 立教大の上林陽治特任教授(労働社会学)によると、自治体が担う相談業務が増えていることも非正規公務員の増加につながっているといいます。

 

 例えば、自殺対策や児童虐待、生活困窮者支援といった相談窓口の設置が自治体に求められるようになったが、正規職員を配置する余裕がなく、非正規の相談員で対応するケースが多くなっています。

 

上林特任教授は、「公共サービスの重要な担い手が、低賃金で不安定な状況のままでは、自治体の住民サービスにも影響が出かねない。公務員制度の抜本的な見直しが必要だ」と話しています。

 

 自治体は住民の生活を支える役割を担っています。

 

 自治体で働く非正規公務員の生活についても、同じように考えるべきではないでしょうか。

 

 

勤勉は美徳?

「日本人は勤勉だ」というのが海外から見た日本人評です。

 

 “勤勉は美徳”と思っている日本人は、年配世代を中心に少なくないと思います。

 

 コロナ禍が続く中で、エッセンシャルワーカーと呼ばれる職種の方々の活躍が称賛されています。

 

 そんな中、昨年暮れの12月29日、東京・昭島市で救急車の単独事故が発生しました。患者の搬送後、消防署に戻る途中で中央分離帯に衝突し、横転。救急隊員3人が軽いけがをしました。

 

 車内のドライブレコーダーには、運転席と助手席の隊員2人が居眠りする姿が映っていたほか、後ろの座席の隊員も眠っていたといいます。

 

 17時間休みなしの勤務の果ての横転事故でした。

 

 感染の拡大が起こるたびに、救急隊員にしわ寄せが集中してしまっているのです。

                 Bessiさんによるpixabayからの画像

 

 日本では、現場の良心的な職員の頑張りで社会を維持するという悪習が横行しているような気がします。

 

 それを許したのは“日本人の勤勉性”にあったのでしょうか。

 

 たとえばフランス人だったら、このような事態になったら、勤務を拒否し、ストライキのような行動にでるのではないでしょうか(笑)。

 

 かつての日本は、敗戦による焼け跡の状態から、高度成長を成し遂げて、世界を驚かすようなパフォーマンスを遂げることができました。

 

 成長の根底には日本人の勤勉性があると、多くの専門家から言われた時期もあります。

 

 そのような成功体験から抜け出せないまま、今の日本の仕組みが出来上がっているように思います。

 

 ただひたすら頑張るのではなく、ときに立ち止まって「このままでいいのか」と考えることも、大事なことなのではないでしょうか。

 

 

今回も優秀な人材が辞めていく

 私が非常勤で関わっている職場で、年が明けてから職場のマネージャーに、一昨年から勤務している若手の男性職員から3月いっぱいで退職したいと申し出があった旨の報告を受けました。

 

 彼は母親との二人暮らしをしていますが、母も高齢になり、将来のことを考えるともう少し給料の高い仕事に就きたいと漏らしたそうです。

 

 自治体の委託を受け、就労を目指す若者からの相談にのる仕事に、やりがいを持って奮闘してくれていただけに残念に思いました。

 

 彼のように若い人達への支援に興味・関心を持って、この仕事に就いてくれる人は、これまでも沢山いたのですが、“報酬の壁”が立ちふさがり、何年かすると辞めてしまうことのくり返しでした。

         Jill Wellingtonさんによるpixabayからの画像

 

 NPO法人として、社会的に意義のある活動を行っているのですが、公共セクターの限られた予算をもらい運営しているだけに、職員に分配される報酬にはどうしても限界があるのです。

 

 昨年から今年にかけて、様々な商品の値上げラッシュが続いているだけに、賃金がほとんど上がらない仕事に就いていることに不安を感じる人は、彼だけではないに違いありません。

 

 折しも、ユニクロを展開するファーストリテイリングが、年収を最大で4割アップするというニュースが飛び込んできました。

 

 ユニクロだけでなく、大企業で構成される経団連などの財界メンバー企業も、社員の賃金水準を引き上げることに、大きな関心を示しています。

 

 優秀な人材を獲得するためには、国際的に見ても賃金水準の低い状況のままでは立ち行かないとの認識が定着しつつあるようです。

 

 しかし我が職場のみならず、多くの中小企業では、賃上げしたくてもままならないのが現実なのです。

 

 これから契約期間が終わる3月までに、他の職場からも何人もの退職希望者が出てくることが予想されます。

 

 少ない報酬でも、やり甲斐を見出し、めげずに奮闘する若い方々を、これまでも沢山見てきました。

 

 社会を変えていこうとする彼らの熱意と行動をバックアップする、国や地方自治体の支援のレベルアップを、強く望んでいます。

 

支援に奮闘する人達に、もっと支援を!

 

 

人生100年と聞いて、憂鬱になる?ワクワクする?

 年が明けて、また1年永らえたとしみじみ感じています。

 

 私のように70の齢⁽弱い⁾を重ねる年齢になると、かつてお世話になった人の訃報に接することが多くなり、その度に寂しい思いに駆られています。

 

 世の中では「人生100年時代」という言葉が定着しつつありますが、いまの若い方々はこれに対してどう思っているのでしょうか。

 

 2018年12月に行われた某機関のオンライン調査によると、「ワクワクする」と答えた人が44.5%だったのに対し、「どんよりする」と答えた人は55.5%でした。

 

 世代別に見ると、20代と60代は「ワクワク」が6割以上である一方、働き盛りの世代は「どんより」の割合が高かったようです。

    White77さんによるpixabayからの画像

 

 既に日本は先進国のなかでも60歳を超えても働いている人の比率が高い国なのですが、人生100年時代と聞くと定年後も働き続けないといけないのか、辛い仕事を長くやらないといけないのかなどと、ネガティブに考えてしまう人が多いのでしょうか。

 

 しかし誰しも「長生きしたい」という願望を持っているでしょうから、そのためにも出来るだけ健康な生活を長く続ける工夫をしなければなりません。

 

 そのためにも健康な生活をおくれる基盤となる一定の収入は不可欠です。

 

 かつては年金がそれを保証してくれる時代があったようですが、いまやそれも大きく揺らいでいるのが現状でしょう。

 

 年金財政が将来不安視される中、年金以外の収入を確保することは、現役世代にとって大きな関心事となっています。

 

「ライフ・シフト 100年時代の人生戦略」(東洋経済新報社)をアンドリュー・スコットさんと共著で刊行し、日本社会にインパクトを与えたリンダ・グラットンさんは、「マルチ・ステージ」というモデルを提唱しています。

 

 学校を卒業して社会に出てからは会社勤め、フリーランス、学び直し、副業・兼業、起業、ボランティア…など、様々なステージを並行・移行しながら生涯現役であり続けるというモデルです。

 

 彼女はそのためにも「持ち運べるスキル」を身に着けることが大切だといいます。

 

 これからは何歳になっても学び続けること、新たな能力を身に付けようとする努力は必要になるのですね。

 

 

 

今年はどんなことが起こるのだろう

 穏やかな天候のもと元日の初日が上がってきました。

 

 この数年大晦日の夜は、除夜の鐘を聞く前に床に就いてしまっていますので、元日もほぼいつも通りの時間に目覚めました。

 

 家族が起きだす前に、身支度を済ませ、散歩に出ました。

 

 ホテルの前を通りかかると、宿泊客がいそいそとスキー道具を車に積んで、スキー場に出発する光景を目にします。

 

 コロナの規制が解除されたせいか、ホテルも旅館も活気を取り戻しています。

 

 しばらく歩いていくと小さな神社があります、観光客と思しき家族連れが初詣に来ていて参拝していました。

 

 私も通り過ぎるわけにはいかないので、家族連れの方々が参拝を済ませるのを待って、参拝することにしました。

 

 家族の方々に「おめでとうございます」と挨拶をされ、心温まる思いがします。

 

 再び歩き出しましたが、寒い早朝でもあって誰も歩いていません。

 

 徐々に山々に日が差し始めて、少しずつ寒さが緩んでいきます。

    RUSTU BOZKUSさんによるpixabayからの画像

 

 山に囲まれたこの地では、穏やかに新年を迎えることができていますが、この時間もウクライナでは、インフラ施設を標的にしたロシアのロケット攻撃が続いているようです。

 

 暖を取れずに寒さに震えている子供達のことを考えると不憫でなりません。

 

 神社で手を合わせる時に「平和で穏やかな一年になりますように」などと念じはするものの、現実世界はきな臭い紛争が後を絶たちません。

 

 そろそろ私たち人類は、愚かしい行為に気付かなければならない時がきているのではないのでしょうか。

 

 日本国内では、エネルギー危機に端を発した価格高騰の嵐が吹き荒れています。

 

 日銀が重い腰を上げて、金融緩和から舵を切り直す動きに反応して、為替も急速な円安から円高となり、やや落ち着きを取り戻すかのような動きになっているようです。

 

 企業活動においては、賃金を上げることを実現させ、日本経済の復活をめざして独自の新機軸を打ち出してもらいたいものです。

 

田舎のお正月は昔と変わらない

次女の里帰り出産というイベントで、しばらく実家の様子を見に行くのが疎かになってしまいましたので、今年の暮れは少し早めに実家に行き、お正月の準備を手伝おうと考えています。

 

 父は車の免許を返納してしまいましたので、買い物に行くのもままならない状態です。

 

 幸いにも日々の食料品については、“生協の宅配サービス”が利用でき、一週間に一度、注文した品を届けてくれます。

 

 ただカタログの中から細かい商品コードを選び出して、注文票に記入するという作業は、父には難しそうなので、妻が父の希望を聞き取って、スマホで遠隔注文をしています。

 

 ただ父は気分転換も兼ねて、街に一件しかない総菜屋やコンビニに歩いて行って買い物をしてくるようです。

 

 ただ、衣料品やドラッグストア、ホームセンターなどはありませんので、私たちが行った時に車で連れていって、必要な買い物をしてきます。

 

 しばらく行っていないので、暮れには必要な買い物をしに行きたいようなのです。

 

 高齢の父は、事前に連絡をしておかないと、何が必要かをすぐ思い出せませんので、先日電話をし、買い物に行く予定日を知らせておきました。

 実家の近くで以前は農業で生計をたてていた従兄弟が、季節ごとに野菜を実家に届けてくれていますので、毎年暮れにお歳暮を送っています。

 

 その従兄弟からお礼の電話がありました。

 

 その際に、餅をつくので実家に届けるといわれました。

 

 高齢夫婦なので、ほとんど食べないのでいいと辞退したのですが、毎年届けてくれるのです。

 

 毎年食べきれなくて、半分ほどはカビが生えてしまうことの繰り返しなのですが…。

 

 ほんの少しでいいからと伝えるのですが、従兄弟としてはそうはいかないようなのです。

 

 従って、毎年帰りに余った餅を我が家に持ち帰るのですが、正月が過ぎると“冷蔵庫の肥やし”状態になってしまいます。

 

 今は気の利いた食材に溢れていますから、昔乍らのおせち料理も三が日を過ぎると誰も手を付けようとはしません。

 

 毎年同じことの繰り返しですが、それでも田舎のお正月は変わりなく準備が進められます。

 

人間は見かけほど違わない

“多様性の尊重”という動きが、世界中の新しい潮流として注目されています。

 

しかし人類進化学者の海部陽介さんは、「たった1種の人類ホモ・サピエンスしかいない現在は、人類の多様性が失われた時代だ」といいます。

 

 10万年以上前までは、旧人であるネアンデルタール人、ジャワ原人、フローレス原人などいろんな人類が地球上にいたことがわかってきました。

 

 ただ、これらの人類は絶滅などし、アフリカにいた旧人から30万~10万年前に進化したホモ・サピエンス1種だけが生き延びて今日にいたります。

 

 北京原人などかつての人類の分布域は限られていましたが、“賢い人”の意味があるホモ・サピエンスはたったひとつの種ですが、5万年ほど前からアジア、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカ大陸、そして太平洋の島々まで進出し、地球上の陸地のほぼすべてに住んでいます。

 

 ホモ・サピエンスは、脳が発達し、道具を多彩に操り、言葉を使い、好奇心と創造性、冒険心にあふれていたのです。

 

 そんな賢い人であるホモ・サピエンスですが、現実には肌の色の違いなどで偏見を持ち、差別問題や民族紛争が後を絶ちません。

 

 弓矢、銃、爆弾など技術の発達で、大量死も起き、今も起きているウクライナでの戦争には終結の見通しも立っていないのです。

                Dim Houさんによるpixabayからの画像

 

 これまでの人類学の研究によれば、世界各地の現生人類は、見かけの違いは大きいものの、DNAは驚くほど均一であることがわかってきました。

 

 確かに現生人類は、海を渡るなどして移動した世界の気候、風土に適合するよう、あるいは偶然の変異で、肌の色など一部の身体を多様に変化させてはいます。

 

 ただ、そうした差異は一部の形質に限られており、大した差ではではないのです。

 

 私たちは外見が違うと中身も違うと錯覚しますが、おいしさなど味覚や嗅覚、喜怒哀楽の感性はかなり共通です、だからこそ和食が世界中の人に受け入れられているのです。

 

 文化や価値観の多様性を知り、違いを尊重しあうことは大切なことではありますが、違いばかりを強調し、理解できない、分かり合えないとならないようにすることが必要です。

 

 チンパンジーに私たちの嗜好性を理解させようとしても、徒労に終わりますが、人間同士なら、言語が違ってもかなり分かり合えるのです。

 

「見かけの印象ほど人間は違わない」―「これが人類学の発見の大きな成果です」

 と人類進化学者の海部陽介さんはいいます。