eta name="google-site-verification" content="dD3822C_0uyBGlkT1t8KtxTBgX0Ki2EAdNiYO4a_DC0" />

団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

資産寿命を伸ばせって言われても😢

【国が国民の自助を求める】

   人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる「資産寿命」をどう延ばすか。

この問題について、金融庁が5月22日、初の指針案をまとめました。

 

   働き盛りの現役期、定年退職前後、高齢期の三つの時期ごとに、資産寿命の延ばし方の心構えを指摘。政府が年金など公助の限界を認め、国民の「自助」を呼びかける内容になっています。

 

   とうに分かっていたことではありますが、年金だけに頼ることは無理な状況になっていることに対し、国は強いメッセージを出し、自分で何とかしないと大変なことになると呼びかけていることになります。

 

   70歳までの雇用延長の義務化も現実味を帯びてきました。

 

  このままいけば、健康で文化的な最低限度の生活を送る権利としての「生活保護」を受ける高齢者は益々増えていくことが予想され、その意味でも国は強い危機感を持っているのでしょう。

 

 

【高齢者は投資に消極的?】

 資産を増やせといっても、安全な預金として金融機関に預けても、恐ろしいほどの低金利では増えませんから、家に「タンス預金」として現金を保管している高齢者も多いのです。

 

その挙句、「アポ電後強盗やオレオレ詐欺」の被害に遭う高齢者は後を絶ちません。

 

 またIDECOやNISAのような税を優遇する施策を打ち出してはいますが、投資のリターンはそう都合よく得られるものではありません。

 

 過去に痛い目に合った経験から、手数料ばかり欲しがる金融機関に対する不信感を持っている高齢者も多いと聞きます。

【ますます不安だらけの老後】

 このように人生100年時代の日本を取り巻く「老後の生活環境」は不安だらけと言わざるを得ないのではないでしょうか。

 

 資産寿命を伸ばす議論をする前に、そもそも資産(ストック)がほとんど無い人は、フローでカバーするしかありませんから、わずかな年金の不足分を補うために、70歳はおろか、倒れるまで働き続けなければならないことになり兼ねません😢。

 

 また既に不安や危機感を抱いている、現役世代の節約志向は益々進み、消費が上向かない社会になるのでしょうか。

 

 

写真愛好家のマナー

【三脚が通路を塞いでいる】

バラが綺麗に咲き誇る時期になりました。

 

先日、バラ園で有名な公園に出かけてみると、多くの人で賑わっています。

 

 漂う香りを楽しみながら歩いて行くと、見物人が先に進めず渋滞している箇所がありました。

 

 渋滞の先には三脚を立てて熱心にバラを写真におさめている写真愛好家がいます。

 

 天気も良かったので光を浴びた満開のバラを撮るには、またとないチャンスなのでしようが、三脚で道をふさがれて見物人の往来に支障がでてしまっています。

 

 さすがに暫くして事態に気付いたのか、慌てて三脚をたたみました。

 

 よい写真を撮ることは、写真愛好家にとって大事なことなのでしょうが、今回のようなケースで、他の人といざこざが起きなければいいがと心配になりました。

 

 

【急増している写真愛好家】

 デジタルカメラの性能も進歩し、誰でもよい写真が簡単に撮れるようになり、団塊の世代を中心に「写真愛好家」が急増しているといいます。

 

 それに合わせてトラブルも増えているようです。

 

 いい写真を撮ろうとする場所で、木の枝が邪魔していたりすると、それを切ってしまったりという事件も発生しています。

 

 写真を撮る際には、やはりマナーは守ってほしいものです。

【新たなビュースポットの紹介】

 プロの写真家が新しいビュースポットを写真におさめて紹介すると、そこに写真愛好家が殺到したりします。

 

 その結果自然が破壊されたりすると、地元の人たちに迷惑をかけることになります。

 

 しかし新たなビュースポットが知られることで、観光客が増え、地元が活性化するといった効果も期待できるかもしれませんから、メリットもあるでしょう。

 

 プロの写真家の菊池哲夫さんが、白馬の青鬼集落での地元の人と撮影愛好家のお互いが良好な状態を保とうと模索しているケースを取り上げていますのでご紹介します。

 

 

 

 

車の運転をやめる時期

【運転をやめるのをためらっている】

   90歳になる父親が「車の運転をやめるかどうか」決めあぐねています。

 

 2,3年前には、「90歳になったら車の運転をやめる!」と宣言していました。

 

 先日実家に戻ってみると、最低限の運転は、もうしばらく続けたいと心変わりしているのです。

 

 最低限の運転とは、病院への往復と母親のお風呂への送り迎えが主なものですが、たまには気分転換も兼ねた近くへの買い物もしたいといいます。

 

 さすがに自分の運転技術の衰えは自覚しているらしく、遠方への運転はしたがりません。

 

 そこで病院に行くには「福祉タクシー」などを利用すること、母親にはデイサービスでお風呂に入って来てもらうこと、買い物は歩いていくこと等を提案してきました。

 

 しかしすぐに実行に移してもらえるかは、疑問符がついたままです😢。

 

カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品]

カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品]

 

 

【高齢ドライバーの事故が多い】

   毎日のように、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故のニュースが報道されています。以前はこんなに多くなかった気がします。

 

 そこで調べてみると、ペダルの踏み間違い事故は、やはり75歳以上のドライバーに特に多いというデータです。

 

   ただその事故率は10年前と変わっていないようです。

 

 しかし10年前に比べて、高齢ドライバーの免許証保有数が約2倍になったといいますから、ペダルの踏み間違い事故の件数が目立っているという事のようです。

 

 交通事故分析センターの情報によりますと、平成25年にはペダルの踏み間違えに起因する事故は年間6500件に迫る勢いです。

 

 その特徴として、75歳以上の高齢者が他の年齢層の2~5倍と高い割合となっています。

 

 状況別では「発進時」が、また場所では「サービスエリア」や「店舗の駐車場」といった道路以外が高くなっています。前述の高齢者では「後退時」の事故割合が高いのも特徴です。

 

 私の父親が運転をしなくても済むように、色々工夫して「免許証の自主返納」にまで漕ぎつけたいと思っています。

 

 

テレワークという働き方

【なかなか普及しなかったテレワーク】

ここにきて「テレワーク」という働き方が、やっと普及しつつあるようです。

 

 随分昔から総務省がテレワークの普及に力を入れ、広報もしてきたのですが、なかなか本格的な普及には至りませんでした😢。

 

 情報技術の進展によってやっとテレワーク的働き方が現実のものとなってきたのでしょう。また今年4月に施行された「働き方改革関連法」も後押ししているのかもしれません。

 

 テレワークは「tele=遠い・遠距離」と「work=仕事・労働・働く」という二つの言葉を組み合わせた造語です。ICT(情報通信技術)を使って時間や場所を選ばずに働く方法を指し、勤務スタイル・場所によっていくつかの名称に分類されています。


 テレワークは1970年代にアメリカで発祥した働き方で、交通量の増加による道路混雑や大気汚染問題が発端だったといわれています。


 日本においては1980年代から実験的に導入されはじめ、ノートパソコンの普及などによって浸透していきました。

 

 

【本格的にテレワークを導入した会社】

 先日ソニックガーデンというシステム開発の会社が「オフィスを持たない経営」を実践して、成果もあげていることを知り、テレワークもここまで来たかと感心してしまいました。

 

 この会社は3年前に渋谷にあったオフィスを廃止し、社員は自宅で働くという徹底したスタイルを導入しました。

 

 社員同士は年に数回程度しか直接会うことはなく、毎日の仕事の連絡はチャットやテレビ会議で行っています。

 

 創業以来一度も赤字になったことはない、といいますから驚きです。

 

 普通の会社で行われている「飲みにケーション」も「リモ飲み」というテレビ電話を通じた飲み会を時々行っているそうで、社員のコミュニケーションもばっちり行われています😊。

 

 会社の業種・職種によっては、ここまで徹底したテレワークを導入しずらい会社もまだ多いのかも知れませんが、新しい働き方が現実のものになってきたなと改めて感慨深い思いをさせられました。

 

 

 

 

ふるさとの為になる行動とは何?

【ふるさと納税制度の歪み】

   ふるさと納税の新制度で、総務省は「趣旨に反する」と問題視してきた4市町の参加を認めない方向だと5月9日に報じられました。

 

 本来の趣旨がゆがめられた制度運用を修正しようということでしょう。

 

 対象自治体のひとつ大阪府泉佐野市は、ネット通販「アマゾン」のギフト券やビールなどを配布。2018年度の寄付額は約497億5000万円と、今年度の一般会計当初予算(約516億円)に匹敵する額となっています。

 

 かたや高額納税者の多い東京都23区などは、この制度で税収が減り、頭を抱えています。


 改めて「本当にふるさとの為になる行動とは何か?」と考えさせられてしまいました。

 

 

【わかりやすい地域支援活動】

    例えば好感度NO.1芸人といわれる「サンドウィッチマン」をはじめとする著名人が、東日本大震災の被災地の復興に、地道な支援をしていることは頭の下がる行為として称賛に値します。

 

 それに類する「観光大使」なども観光地や地域振興のために、自らの出身地域を広報する行為として、分かりやすい支援行為です。

 

【よそ者が地方を変える】

  そんな折、5月7日(火)の日経新聞の夕刊に「よそ者が地方変える」という記事が目に留まりました。

 

 ふるさと納税の寄付者も、大半が自分の出身地でない自治体に返礼品の魅力で寄付を行っているのでしょうが、山中大介さんのような人が、本当の意味でよそ者が地方を変えていくのだなと思いました。

 

 ヤマガタデザイン社長 山中大介さん 「よそ者」が地方変える(1)を抜き書きさせて頂きました。

 

日本有数の米どころ、山形県庄内地方に奇抜なホテルが誕生した。
木造2階建てで、水田に浮かんでいるような外観が評判を呼んでいる。

 

開発を主導したのは山中大介さん(33)。
三井不動産を辞めて東京から移住すると、
街づくり会社「ヤマガタデザイン」(鶴岡市)を設立した。

 

観光、子育て、農業など異なる分野を横断し、地方で進む少子高齢化に挑む。

 

「ショウナイホテル スイデンテラス」という名前で、昨年9月に開業しました。

建築界のノーベル賞ともいわれる米プリツカー賞を獲得した
坂茂さんに設計していただきました。

 

おかげさまで多方面から大きな注目を集め、
今年のゴールデンウイークは2カ月前に
全143室が予約で満室となりました。

 

「これまで目的地になりにくかった」場所に訪れるきっかけをつくり、
世界にファンを広げることを意識しています。

 

宿泊客の半数は鶴岡市内で夕食を食べるので飲食店関係者から感謝の声を頂いていますが、地元の人の食事利用も増えています。

 

ヤマガタデザインで手掛けるのはホテルの開発・運営だけではない。
隣には子育て支援施設「キッズドーム ソライ」も開いた。


ドーム型の屋根の下には、高さ6メートルのネット遊具から
3Dプリンターなどの工作器具まである。

 

少子化が進む庄内だからこそ、
充実した子育て環境を整えて移住者を呼び込もうと考えました。

 

私は農村部に一軒家を買い、妻と3人の子どもと住んでいますが、近くにいる同年齢の子どもは数人だけで、子ども同士の出会う機会がほとんどありません。
ソライが親子で交流できるハブになればと思います。

 

庄内愛にあふれる地元出身者かと思いきや、まったく縁のない「よそ者」だ。2014年に設立したヤマガタデザインでは、そうしたIターンの若者がたくさん働いていて、Uターン組と合わせると正社員55人の半数に及ぶ。

 

会社を立ち上げるにあたって、
「社会課題を解決するための事業をデザインし、地域が持続・自走する仕組みを作る」という経営理念を掲げました。

 

そのためには、社員はこの場所に住民票を移して住むことが必要です。


自分たちが地元の人になることで共感を得られるのです。
社員のなかには、驚くようなキャリアの人も大勢います。

 

こうした姿勢が評価され、40社の地元企業から
「この町に仕事をつくり長期的に発展させよう」と出資をいただきました。
銀行融資なども加え、これまでにホテル、子育て支援など4事業に80億円余りを投じました。

 

鶴岡市の人口は現在13万人で、
地方にあまたある消滅可能性都市のひとつです。

 

そんな地域で民間がこれだけ大きな投資をするケースは
ほとんどないのではないでしょうか。


人口減少という逆風下で知恵を絞る必要がありますが、
尻に火がつくからできることかもしれません。
           (以上 5月7日(火) 日本経済新聞夕刊より)

 

 山中さんのような人材がどんどん出てくることを期待したいですね😊。

 

 

連休明けに大量退職者が?

【増える退職相談】

    ついに10連休が終了しました。

 

 旅行などで休みを満喫した人もいれば、10連休は長すぎたと思っている人もいるかもしれません。

 

  今回はいつもより長い休みで、例年以上に5月病が発症し、大量に退職者が出るのではとマスコミが騒いでいます。

 

 その論拠は「いつもより長い連休のため、5月病の症状がより強く出るのではないか」というもののようです。

 

  5月病という名称は通称であって正式な病名ではありません。

 

  医学的には、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、不眠症など、症状に応じて異なる診断をされることが多いといいます。

 

 辞めたくても言い出せない人に代わって会社に連絡する退職代行サービスまであるというから驚きです。

 

 那覇市の退職代行サービス業者には「10連休中に150件の相談があった」そうです。

 

 相談にのっている嵩原安三郎弁護士によると「出社したくないという話が普段の3倍くらいきています」とのこと。

 

 連休で緊張の糸が切れて辞めたくなる場合と、周りの人が休んでいるのを知って「なんで俺だけ働くの」となり辞めようとするケースがあると言います。

 

お水がいらないうどん8食セット

お水がいらないうどん8食セット

 

 

【学生や会社員だけでない5月病】

  5月病というと新入大学生のことを言うのかと思っていたのですが、会社員にも5月病があることを改めて認識しました。

 

 さらに幼稚園児や小中学生、主婦も要注意だといいます。

 

 主婦は休みに入っても逃げ場がなく、ゴールデンウイーク中はもっと逃げ場がなくなり「燃え尽き症候群」になってしまうケースも出てくるようです。

 

   連休明けはどうしても一定程度の人達に5月病の症状が出てきます。

 

 上手にリラックスする時間を作り、普段と違う場所に行くとか遠出をするといった、非日常体験が大切なようです😊。

 

女性トイレが足りない!

【観光地での長い行列】

  この10連休中に何度か遠出をしてきました。あちこちで目にしたのは、人気の観光地などでの女性トイレの長い行列でした。

 

 以前から感じていましたが、2020年の東京オリンピック開催を控えて、待ったなしで改善すべき問題ではないかと改めて思います。

 

 某サービスエリアでは、妻が不満を漏らしていました。

 

 女性トイレには6つトイレがあるのですが、そのうちの4つが和式トイレで、和式トイレを嫌がる人達が2つの洋式トイレに並んでいると言うのです。

 

 単に嗜好の問題ではなく、妻は膝が悪いので和式トイレで用を足すのは難しいのです😢。

 

 

【JR東日本のトイレ改革】

 かつてJR東日本・初代会長の山下勇さんを講演にお呼びしたことがあります。

 

 山下さんは住田社長とともに、国鉄時代からの社員の意識改革に尽力しました。

 

 お客様を「乗客」や「利用客」としか呼べない旧国鉄マンの意識を変えるのは容易ではなかったようです。

 

 その山下会長がまず手掛けた改革の一つが「お客様が利用するトイレを清潔なものに一新する」ことでした。

 

 あれから30年近くの歳月が過ぎましたが、乗降客の多い首都圏のトイレを中心に、最新の清潔なものへと一新されて行きました。

【女性の外出時の不安】

中高年の女性の中には、外出をする際の不安の一つに「必要なタイミングで近くにトイレがない」ことがあるようです。

 目的地に着くと、まずトイレがどこにあるかをチェックしておくようです。

 私の妻などは複数トイレがある場合には、「どのトイレが一番きれいそうか」までチェックするといいます。

 海外からの訪日観光客が増えつつある現在、彼らが訪れるであろう観光スポットは特に「洋式の清潔なトイレ」に、そして女性トイレの数が不足していないかを点検すべきです。