eta name="google-site-verification" content="dD3822C_0uyBGlkT1t8KtxTBgX0Ki2EAdNiYO4a_DC0" />

団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

お茶碗1杯のご飯はコメ何粒?

【今まで考えたこともなかった質問】

  関東平野は日本一の広さです。茨城の海沿いの高速を走っていると、季節柄あちこちで田圃に水がはられ、田植えの準備が進んでいます。

 

 ツアーガイドさんに「ご飯お茶碗1杯で米粒何粒くらいあるでしょうか?」と聞かれました。

 

  今までそんなこと考えたこともなかったので、新鮮な質問でした。ご飯の盛り方で前後しますが、150グラムとして答えは約3200粒だそうです。

 

稲の本数にすると40本、意外にたくさんの稲の数なので驚きました。

 

 米の消費が減り、コメ余りが言われている昨今ですが、ご飯になるのに稲がこんなに必要なのだと感慨深い思いがしました。

 

【精米】【Amazon.co.jp限定】秋田県産 無洗米 あきたこまち 5kg 平成30年産

【精米】【Amazon.co.jp限定】秋田県産 無洗米 あきたこまち 5kg 平成30年産

 

 【日本人の主食・ごはん】

   消費が減ったとはいえ食生活の中で、ご飯が主食の座にいることは変わりがありません。

 実家の両親をみても秋になると玄米を1年分買い付けています。「米さえあれば」という考えは未だに変わりません。

 

  昨今はダイエットの為に炭水化物を取らないという人もいるようですが、私も朝食はご飯という食生活は変わりませんし、今後も変えることはないでしょう。

 

  車窓から田んぼに出て、せっせと田植えの準備に勤しんでいる人達を見ながら、声援を送りたくなりました。

 

 令和の御世が始まった日に、皇室でも天皇自らが稲の苗のお手植えや、秋の稲刈りの行事を続けていくのだろうと日本人と米との繋がりを改めて認識した次第です。

 

 そして何年か後に、紙幣は新デザインに一新されるらしいですが、神社のお賽銭にも重宝されている黄銅貨幣の5円(ご縁)玉に描かれている農業を意味する「稲穂」は今後も使い続けられることになります😊。

 

カゴメ 野菜の保存食セット YH-30

カゴメ 野菜の保存食セット YH-30