eta name="google-site-verification" content="dD3822C_0uyBGlkT1t8KtxTBgX0Ki2EAdNiYO4a_DC0" />

団塊おんじ 人生100年時代を行く!

長く生きるかではなく、どう生きるかの試行錯誤録

お賽銭はいくら入れればよいのか?

    朝の散歩のコースに神社があり、いつも立ち寄って手を合わせています。毎月1日と15日は本殿の扉が開き、大きな賽銭箱が姿を見せます。この日ばかりは貧乏人の私も幾ばくかのお賽銭を投げ入れます。


   この間は小銭入れを開けたら、小銭が百円玉しかありませんでした。神社関係者が近くで掃除をしていて、こちらを見ているので、仕方なく百円玉を放り込みました。

 そんなに大事な願い事があった訳でもないのに、分不相応な額のお賽銭を投げ入れてしまった気がして、しょんぼりしながら神社を後にしました😢。

f:id:dslownin:20181020112637j:plain

  いつもは5円玉があれば5円玉、無い時は10円玉、それも無い時は1円玉を投げ入れています。ただ1円玉だと落ちる音が明らかに軽い音ですから、ちょっと恥ずかしい気がします。

 

   そういえば今まであまり関心がなく、調べもしなかったのですが、お賽銭っていくらが妥当なのでしょうか?縁起担ぎや語呂合わせはあるだろうくらいは予想がつきます。

 

 調べてみると基本的にいくらでもよいようですが、縁起担ぎからすると10円玉と500円玉は止めた方がいいらしいです。

 10円は「とおえん」とも読めるところから「遠縁=縁が遠のく」に繋がるからだといいます。

 500円玉はというと、「これ以上大きな硬貨(効果)がないからやめときなさい。」だそうです。最も私にとって500円のお賽銭はありえませんが…😊。

 

 大抵の場合私の小銭入れには、100円、50円、10円、5円、1円しか入っていません。
    最もよい5円(ご縁)がない場合どうしたらよいかというと、11円(いい縁)、20円(二重に縁)、25円(二重にご縁)、41円(始終いい縁)、45円(始終ご縁)がよいようです。

 

 私が毎朝立ち寄る神社は、こじんまりした小さな神社で普段は神職はいません。

 

  2,3年前に普段管理する方が変わり、造園業を営む方が新たに管理しています。専門家だけに、就任後は鬱蒼としていた裏の林を大胆に伐採し、日が入るようにしたうえで、枝垂桜や紫陽花の苗木をたくさん植えたり、彼岸花や水仙を植えたりして、見違えるようにきれいになりました。

 

 神社の運営はいまとても厳しいと聞いていますから、ここまで手入れをしている努力には頭が下がります。

 

 地元にとって大事な神社なのですから、いくら貧乏人といえども、あまりお賽銭をケチってはいけないのかも知れません😊。